業務案内

Medical Sanitation System

メディカル・サニテーション・システム 殺菌消毒・防虫防除

殺菌消毒

次亜塩素酸ナトリウム

環境衛生業務として、ノロウィルスやO157等の殺菌消毒業務については、専門的な知識と経験により、迅速な対応をしています。例えば、ノロウィルスの殺菌消毒では、アルコール消毒では効果がなく、次亜塩素酸ナトリウムを使用します。ただし、次亜塩素酸ナトリウムは、染料の色落ちや金属やゴムを腐食させたり、塩素ガスを発生させるため、取扱いには十分な注意が必要となります。

2009年から流行した新型インフルエンザの対策においても、院内感染を防止すべく、多くの人が触れるような場所を中心に、消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム、70%エタノール)で清拭します。その際にはウイルスの巻きあがりを抑えるため、消毒剤を噴霧したりせず、タオルや雑巾で浸して使用します。

嘔吐物や排泄物を安全に処理。

弊社では、殺菌消毒業務に携わる者すべてが、その作業の持つ意味や役割、作業によって生じうるリスクを理解した上で作業をするよう、常に最新の情報や技術を共有するよう取り組んでいます。

防虫防除

ネズミ・ゴキブリ・シロアリ・ダニからハエや蚊等の害虫を放置していると、建物の価値や衛生環境を損ないます。
害虫の習性を理解し、有効な対策を実施することで、害虫駆除または未然に防ぐことができます。

お問合せはこちら

このページのトップへ